バスト

仙台へ出張の際、地元のデリヘルで男を発散

先般、東北・仙台への社用で出張の折、市内のホテルをとって数日間滞在した。 ホテルで戻って仕事のマトメを終えた後、外で一杯飲みながらの軽い食事を終えて、ふらふら街の散歩に出かけた。

この辺りは繁華街、それも多くの風俗店の並んでいた。
暫く女日照りが続いていたので、幸いとばかり一件のデリヘルを覗いたら、夜の美女が立っていたので声を掛けてみた。

商談の結果小生のホテルへ同行することになった。
少しの合間、世間話しをながらデリ嬢はニッコリと無言の表情であり、ルームに入るとお互いに脱がせっこしながら、女の身体のハリのあるボディに先ず柔らかくタッチサービスをを施す。

デリ嬢はやや丸面長の顔なのだが、身体はそれに似合わず細身のスタイルのようで、胸の乳房は締まっていてプリンとはじけるようである。

腰回りも適度にクビレていて、性感を充分に刺激している。
小生の露出した男は、彼女の張ったお尻の部分を弄っていて、女の乳房の部分も張ってきていて、開いた胸に快く息子が当たる。

女の両手も小生の部分にあてがいながら柔らかく、時には激しく上下させながら、そして口にくわえると、流石に俺も少しのぞける。

手に動きも激しくなって次第に高潮してきて、それでも何とか心よい我慢をしながら、そのまま女とデープなキス。 しかし、両手と口で責められて、遂に爆発寸前である。
そして、お互いがヨガリを発しながら、「アア、ウウッ・・!」と、声を出しながら遂に果ててしまったのでした。